チャレンジ入院(乳製品)2回目

昨日~今日にかけて
善友のアレルギー負荷試験(チャレンジ入院)、牛乳2回目が終了!
☆一回目のときの日記は➔こちら

※わたし自身のこれまでの振り返りと今後を把握するために書いてまーす。
そして同じような我が子を持つ親御さんの参考になれば幸いです。

大豆・牛乳・卵にアレルギーがあり
生後4ヶ月あたり重度のアトピー性皮膚炎により入院を2回。
この時が一番辛かった!

生後5ヶ月の時点で血液検査により
かなり高い数値が出た為、自宅での摂取は禁止。
今(1~2ヶ月に1回)やっている負荷試験も「幼稚園に入るまでには実施できたらいいですね。」という遠い夢のような感じだった。
がっ!
一歳になる前くらいから、善友の肌も(今ではほとんどステロイドを使わないくらい。顔なんて全然塗っていない。)
きれいになり
アレルギー値が医師も驚くくらいに、ぐんぐん下がっていった。

ので 
アレルギー値の低い大豆→牛乳→卵の順に負荷試験を実施して
完全解除できるように、現在も自宅で経口免疫療法を続けている。
※アレルギーがあってもそれほど高い数値でなければ、入院は必要とされないみたいです。(同じアレルギーっ子の友人談)


いまは牛乳の段階。
一回目は症状が出た為、中断となり
今回は再チャレンジだった。

(わーなんか長くなりそうだなぁー、ちょっと短めに。したい)

0.1→ 1→ 5→ 10→ 20ccを20分間隔で摂取し
トータル36.1cc目標量をクリアした。

わぁーい万歳!と書きたいところだけど

最後に20ccを飲んでしばらくした後、善友の様子がなんかおかしい。
初めは眠たくてぐずっているのか?と思ったが
明らかに様子が違う。

抱っこしても泣き喚く、暴れる、もがく、顔も少しずつ赤くなっていき、体温があがっていくのを感じられた。
まだ言葉を話せないけど
「体の中で何か居心地の悪いを通り越した、苦しい何かが起こっていて、何かと闘っている。」
ただ抱っこして、大丈夫だよ。大丈夫だよ。と声をかけてあげることしかできない。

幸い、夫が仕事の休みをとって付き添ってくれていた為抱っこを交代してもらい
その時に、辛そうな息子の顔をちゃんと見て
「このまま心臓が止まりでもしたら。。。」と不安が頭をよぎり、涙が出そうになった。
が、いまここで私が泣いてどうする
「絶対、大丈夫。大丈夫」と何度も自分に言い聞かせた。

30~40分ほどたち、泣き疲れたのか
私の腕の中で眠りに落ちた。(ほっとした。)

お昼ご飯を食べる前に、かなり長い時間寝た。
食いしん坊の息子は、ご飯を食べずに昼寝をすることはまずない。
(沢山エネルギーをつかったんだろうな。)

そして起きてすぐに、、、
c0112264_0501439.jpg

運ばれてきた、大人並みの量をすべて平らげる。(笑)
いつもながら、息子の食べっぷりには
「えぇーまだ食べるの?!」と誰もが驚くほどの大食漢ですw

いつもの息子が戻ってきて、とても安心した。❤

さて!
明日からはまた、自宅で一ヶ月間
経口免疫療法をし、体に牛乳を慣れさせていきます。
(牛乳がOKだと、また食事の幅が広がって嬉しい!^^)

今、このプロセスを一つ一つ、ちゃんと味わいながら
家族みんなで、歩んでいきたいと思っています。
(クリパルヨガで言う Off The Mat)
マットの上でアーサナをとること(On The Mat)だけがヨガではなく
日常生活でも“今この瞬間”
現実に起きていること、自分の中で起きていること
ちゃんと味わって
自分の体や心の声といつも寄り添いながら
過ごしていきたいな。


長い文章になりましたが、、
最後まで読んで下さり、ありがとうございます
支えてくれる周りの人達の存在、友人、家族のお陰で
今がある。いつもありがとう。今後ともよろしくお願いします。??

3連休、皆さんにとっても良い日になりますようにー016.gif

aki
[PR]

by pearlyoga | 2013-10-11 22:39 | 息子のアトピー性皮膚炎