カテゴリ:息子のアトピー性皮膚炎( 15 )

息子のアトピー性皮膚炎

☆今回は息子のアトピー性皮膚炎について☆
(・最近はめっきりブログに書いていませんでしたが、アトピーや食物アレルギーのお子さんをお持ちの親御さんでこのブログを読まれている方も多いようなので☆久しぶりに近況をアップしたいと思います。)

◎過去の記事は 👉こちら


☆長い文章になりますので、、、(^^;興味のある方のみどうぞ~☆


先週のこと。
あることがきっかけで約4年半通院していた病院を転院し、現在遠方の専門病院へ通っています。
c0112264_22361245.jpg

もうすぐ5歳になりますが
これまで入院数回。
食物アレルギーがあったため、血液検査も10回以上💦
負荷検査入院も8回ほど
お薬手帳も、もうすぐ4冊目に突入です!!


わたしにとって、長年お世話になった病院(先生)を変える事には
ものすごく思い切りのいることでしたが


すべての出会いや
人の言葉から伝えられること(自分の心に響くメッセージ)
には意味があるものです。


結果から言えば(まだ治療の結果は出ていませんが。)


いまこの時期、このタイミングで
治療方針を変えることは、必要だった。
一時的に負担は増えているけど
きっといい結果に繋がる!!と感じています。


今回、飲み薬・塗り薬(保湿剤・ステロイド)がすべて変わりΣ(・ω・ノ)ノ!
体のパーツにより、塗る薬が違うので
覚えるのが大変です!

ですが
転院したことであらためて
アトピー性皮膚炎の事を学び直すきっかけになりました。


今は、ステロイド剤により
体の炎症や赤味はほぼなくなり
ツルツルな状態ですが


スタート(本番)はここからです!!


ステロイドの悪い情報が私の中にあったため
この本当の意味に気づくまでに数年かかりました(汗)
この4年半で実感しています。


(アトピーの症状はよく火事に例えられますが・・・)
一時的にステロイドでお肌がきれいになった後
皮膚の表面的な炎症(火)は、消えているけど
からだの内側の火はまだ燃え続けている
ので
ここで、ステロイドを塗るのをやめてしまったり
塗ることが怖くなり量を減らしすぎると
必ずまた出てくるのです(U-U)


毎日2回の保湿はもちろんですが
少しずつステロイドを塗る日の間隔を空けて⇒ 徐々にステロイドのレベルを下げていく。⇒ 最終的には保湿剤のみで過ごせる状態まで持っていく。事が目標です。


文章で書くと、こんなに簡単なのに~~!!(笑)
風邪をひいたり、体調崩したりすると
せっかくよくなってきた皮膚の状態が
また逆戻りしたりするんですよねぇΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


もう
ほんとうに、気長にやっていくしかないのです。。。(^^;



先日、保育園の看護師さんから呼び止められ(驚)
私が今まで、当然のお役目と思いやっていたことに対し
涙ぐまれて。。。ありがたい言葉をかけていただき、胸が熱くなりました。


このブログを読んで下さっているアトピーっ子のママ(パパ)も
ちゃんと理解して、わかってくれている人は周りに必ずいますよ!!


そして地道にやっていたら
悪い方には行かないと思います。


頑張りすぎず(←これたいせつ~!!)
ともに気長にやっていきましょうね(^^)ノ072.gif



またブログでもご報告します。


[PR]

by pearlyoga | 2017-02-03 23:50 | 息子のアトピー性皮膚炎

経口免疫療法経過 

ふぅ~~でけたーー!!

見た目はそんなに良くないけど(笑)
息子の卵アレルギーの為に作った豆腐ハンバーグ
免疫つける為、毎日食べさせなきゃならないので
冷凍保存しまーす。
c0112264_2151527.jpg

▲具材・・・ひき肉、豆腐、玉ねぎ、ニンジン、小松菜+BPと小麦粉を少量
       塩麹を入れるとふっくら仕上がります。 
        
飽きると食べなくなる(というか、吐き出される!(ー_ー)!!ので、、毎週手を変え、品を変え
作ってまーす。

卵20ccをシリンジで計りつつ、一枚一枚焼いていきます。
これが、結構めんどうで!!時間がかかる~!!キッチンで汗だくです。
ハンバーグ、全部まとめてこねて、焼きたい。。。

そしてすべて焼き終えたら、デミグラスソースをからめてもう一度焼く。
(ソースが絡まっていると、食べやすいみたいで残す率が少ない事に気づきました。)

今週は食べてくれるかなぁ~?


作るのは大変だけど、ついに最終段階の卵20ccまでやってきたー!!

嬉しい!!(#^。^#)

卵入りの食べもの、気にせず食べれるようになるといいね。

アレルギーっ子のお母さん、ともにがんばりましょうねぇ~066.gif
[PR]

by pearlyoga | 2014-08-02 22:26 | 息子のアトピー性皮膚炎

経口免疫療法経過 ~卵~

自宅での免疫療法、着々と進行中~
今週末から、卵3gに入ります。
なんのこっちゃ?という方もいると思うので、、
興味のある方は前回の免疫療法の様子について→ こちら072.gif
c0112264_15101052.png

ちょっと焦げてしまった、、、薄焼き卵
卵アレルギーなのに、卵好きな息子は喜んで食べてくれるので
助かります^^
いちいち作るのが手間なので
今回3g、4gの七日分をまとめて作り冷凍
写真は一日一枚2週間分です。

息子の場合はもう卵だけになったので
ずいぶんと楽になりました~!!
毎月通院している(食物アレルギー科のある)国立病院では
何種類ものアレルギーを持っているお子さんと出会うことも多く
もう何年も経口免疫療法を続けている、お母さん方のお話を聴いては
ほんとうに頭が下がります。。

このブログを読んで下さっている方の中にも
もしかすると同じような境遇の方がいらしゃるかもしれませんね。
共にがんばっていきましょう!!


皆様も良い週末になりますように・・・・072.gif
[PR]

by pearlyoga | 2014-04-04 23:06 | 息子のアトピー性皮膚炎

経口免疫療法

食物アレルギーの負荷検査から早一週間。
自宅での経口免疫療法も退院と同時にさっそくスタートした。

c0112264_234485.png

▲ いり卵0.5g→0.75g→1g (各7日分を冷凍保存しておきます。)

最終目標は20gまで
これを一週間ごと量を増やし摂取していく。
途中で症状が出た場合は、症状の出なかった段階までまた戻し
からだに免疫をつけさせていくというものです。

いつもお世話になっている主治医の先生
「いちいち計るのお母さんも大変でしょうから、シリンジいれておきますねー。」と言ってくれ
ホッとしたものの
帰宅後、卵の量を計るシリンジ入っておらず、、( ̄◇ ̄;)
病院まで往復二時間はかかるので諦め 一枚づつ計りました~(メンド~!!)

でもまぁ、こんな面倒なことも
我が子の為だからできるんだよなぁ、、と思います。

0歳の時は大豆も乳製品もダメで
先の見えない時期がとても長く感じたけど(無事に克服し)
今二歳を目前に、卵の経口免疫療法をできていること自体が
何よりありがたいことなのです。
先生も私たち親もこんな早い段階では想像していませんでしたから。

もちろんまだアトピーも食物アレルギーも完治したわけではなく
必要なときはステロイドを使いますし
食事も注意していかなければなりませんが
(昔を思えば)今のままでも十分。
より改善してくれたらバン万歳!という気持ちでいます。

日本全国で我が子と同じような状況の親御さんも沢山おられると思いますし
少しの参考(希望?)になればと思います。
わたし自身初めての子で、重度のアトピー、食物アレルギーと診断され
ただでさえ大変な育児なのに、夜も寝れない(痒くて何度も起きるので)
食事も細心の注意を払わなければいけない。
はじめは本当に辛い時期が続き
何か希望を持てるような実例はないものか。。といつも探していたように思います。
0歳児の頃は、今の息子(来月2歳)を想像できませんでしたから^^
c0112264_23212390.png

▲ 毎朝のヨーグルト髭・・・
保育園の給食も、やはりいつも一番に食べ終わるらしい。。
何よりです。(笑)

072.gifRealYoga→ 4月のスケジュール決定致しました!
[PR]

by pearlyoga | 2014-03-11 23:29 | 息子のアトピー性皮膚炎

チャレンジ入院 (卵)

ここ半月の間に、いろいろなことが動き出し
淡々、黙々とやるべきことをこなしていく。という時間の中で
どうしてもブログを書きたいという気もならず
外に表現しない方が今は自然だなぁ~ という気持ちがしばらく続いて
今日やっと、久しぶりにブログを書こうか。という気持ちになった(笑)

先日は丸一日、クリパルヨガ教師の研修へ下北沢まで足を運び
(自分の中で、いろいろな気づきがあり
 これもまだ外に表現したい気持ちにならないので(笑)まだ消化しきれていない・・・
 置いておいて。)

今日は、息子の食物アレルギーの負荷検査入院について
今日負荷試験を終えて、今回も忘れないうちに、、記録を残しておこうと思う。
(以前のチャレンジ入院の様子→こちら
   
これまで
大豆→乳製品→卵の順でやってきて (大豆、乳製品はほぼ食べれる状態に☆)
今回は卵の負荷検査入院。

一歳十ヶ月の息子にとって はじめて卵を食べる日でした。


今回は卵の黄身のみ0.1g摂取から始まり
0.5g→2.5g→5g→10gの順に
20分間隔で食べさせていく。
その間、症状の有無やどんな症状が出るのかを見て行きます。


結論から言うと、息子は最後の10gまで完食
その後、やはり・・・アレルギー反応が出てきた。

軽い咳に始まり
断続的な咳やくしゃみ
首や顔のかゆみや発疹~吸入をした際に激しく嘔吐(食べた卵をほとんど吐く)~お腹に発疹・・・

大豆、乳製品に比べると一番反応が出たと思う。

痒くて、咳も止まらず暴れる息子を抱っこであやしながら
痒み止め(ジルテック)を飲ませたり、呼吸をラクにする吸入をしたり
一時間経過し
泣き疲れたのもあり、ようやく寝る。
(これまで回を重ねてきたのもあり、少々の事では動じなくなってきたけど
 さすがに10キロの暴れる息子を一時間抱っこするのは、しんどいな。。と思った^^;
 ・・・とこうやって書けるのも、無事に自宅に戻ってこれたお陰ですが。。)

一時間寝て
目を覚ましたころには、症状も消え(薬が効いたのでしょう。)
元気な息子が戻ってきて、ホッとした。

c0112264_2216491.jpg


今回は大部屋で一緒になったお友達3人とも
卵のアレルギーがあり
共に励ましたり、手助けしたり、助けてもらったりしながら
みんなで乗り切った感じでした。

子供たちも気が合ったようで、
3人で楽しそうにしている姿が、とても微笑ましく
あーー仲間がいるって、やっぱりいいな。
いきいきとした表情を見て そう思いました。

息子もいろんな刺激をもらったようで 
自分からおもちゃを貸してあげたり 
一緒に遊ぼうと意思表示をしたり
新たな一面を垣間見れて、温かい気持ちになりました。
息子のペースで ゆっくりゆっくり
成長しています。
たくさんいいところを見つけて、できることを誉めてあげたいな。


さぁ!また明日は、病院へ戻り
今後の方針を医師と話し進めていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明後日からは、保育園の入園に新たな仕事もスタートし
頭も体も忙しくなりそうですが
いい波に乗り続けられるように
まずは 自分のメンテナンス!日々忘れずにやっていきたいところです。


卒入学シーズンで何かと忙しいお母さんも多いかと思いますが(そうでない方も)
日々の疲れをそのつど流してあげて
新たな気持ちで春を迎えられますように。。072.gif

おやすみなさ~いzzz
[PR]

by pearlyoga | 2014-03-03 21:34 | 息子のアトピー性皮膚炎

チャレンジ入院(乳製品)2回目

昨日~今日にかけて
善友のアレルギー負荷試験(チャレンジ入院)、牛乳2回目が終了!
☆一回目のときの日記は➔こちら

※わたし自身のこれまでの振り返りと今後を把握するために書いてまーす。
そして同じような我が子を持つ親御さんの参考になれば幸いです。

大豆・牛乳・卵にアレルギーがあり
生後4ヶ月あたり重度のアトピー性皮膚炎により入院を2回。
この時が一番辛かった!

生後5ヶ月の時点で血液検査により
かなり高い数値が出た為、自宅での摂取は禁止。
今(1~2ヶ月に1回)やっている負荷試験も「幼稚園に入るまでには実施できたらいいですね。」という遠い夢のような感じだった。
がっ!
一歳になる前くらいから、善友の肌も(今ではほとんどステロイドを使わないくらい。顔なんて全然塗っていない。)
きれいになり
アレルギー値が医師も驚くくらいに、ぐんぐん下がっていった。

ので 
アレルギー値の低い大豆→牛乳→卵の順に負荷試験を実施して
完全解除できるように、現在も自宅で経口免疫療法を続けている。
※アレルギーがあってもそれほど高い数値でなければ、入院は必要とされないみたいです。(同じアレルギーっ子の友人談)


いまは牛乳の段階。
一回目は症状が出た為、中断となり
今回は再チャレンジだった。

(わーなんか長くなりそうだなぁー、ちょっと短めに。したい)

0.1→ 1→ 5→ 10→ 20ccを20分間隔で摂取し
トータル36.1cc目標量をクリアした。

わぁーい万歳!と書きたいところだけど

最後に20ccを飲んでしばらくした後、善友の様子がなんかおかしい。
初めは眠たくてぐずっているのか?と思ったが
明らかに様子が違う。

抱っこしても泣き喚く、暴れる、もがく、顔も少しずつ赤くなっていき、体温があがっていくのを感じられた。
まだ言葉を話せないけど
「体の中で何か居心地の悪いを通り越した、苦しい何かが起こっていて、何かと闘っている。」
ただ抱っこして、大丈夫だよ。大丈夫だよ。と声をかけてあげることしかできない。

幸い、夫が仕事の休みをとって付き添ってくれていた為抱っこを交代してもらい
その時に、辛そうな息子の顔をちゃんと見て
「このまま心臓が止まりでもしたら。。。」と不安が頭をよぎり、涙が出そうになった。
が、いまここで私が泣いてどうする
「絶対、大丈夫。大丈夫」と何度も自分に言い聞かせた。

30~40分ほどたち、泣き疲れたのか
私の腕の中で眠りに落ちた。(ほっとした。)

お昼ご飯を食べる前に、かなり長い時間寝た。
食いしん坊の息子は、ご飯を食べずに昼寝をすることはまずない。
(沢山エネルギーをつかったんだろうな。)

そして起きてすぐに、、、
c0112264_0501439.jpg

運ばれてきた、大人並みの量をすべて平らげる。(笑)
いつもながら、息子の食べっぷりには
「えぇーまだ食べるの?!」と誰もが驚くほどの大食漢ですw

いつもの息子が戻ってきて、とても安心した。❤

さて!
明日からはまた、自宅で一ヶ月間
経口免疫療法をし、体に牛乳を慣れさせていきます。
(牛乳がOKだと、また食事の幅が広がって嬉しい!^^)

今、このプロセスを一つ一つ、ちゃんと味わいながら
家族みんなで、歩んでいきたいと思っています。
(クリパルヨガで言う Off The Mat)
マットの上でアーサナをとること(On The Mat)だけがヨガではなく
日常生活でも“今この瞬間”
現実に起きていること、自分の中で起きていること
ちゃんと味わって
自分の体や心の声といつも寄り添いながら
過ごしていきたいな。


長い文章になりましたが、、
最後まで読んで下さり、ありがとうございます
支えてくれる周りの人達の存在、友人、家族のお陰で
今がある。いつもありがとう。今後ともよろしくお願いします。??

3連休、皆さんにとっても良い日になりますようにー016.gif

aki
[PR]

by pearlyoga | 2013-10-11 22:39 | 息子のアトピー性皮膚炎

チャレンジ入院(乳製品)

先日、むすこのチャレンジ入院(乳製品)を経て
無事退院してきました。
善友もよくがんばってくれました。夫もいてくれたお陰で、ずいぶん助かりました~
ありがとう!!!

今後の方針を医師と話し合い、また来月摂取量を増やして
TRYすることになりました。

今回も大豆(豆腐)同様、少しずつ与える量を増やしながら
(牛乳なので、注射器のようなもので飲んでます^^;)
c0112264_173060.jpg
アレルギーのある食品を実際に食べさせて

何グラムまで、問題なく食べれるか?

どれだけ食べると、どういった反応が出て、どういう事態になるのか?

今の状況をちゃんと把握して、今後の対処・治療に役立てて行くチャレンジ入院。
(入院と聞くと、なんだか悲観的に聞こえますが・・そうではないですよ。)
大きくなって、誤飲してしまっても大事に至らないように。
はもちろん
みんなと一緒に給食や好きなものが食べられるように。
食べ物の選択肢が広がって、食べる楽しみを持てるように
幸いにも善友の場合、小麦にアレルギーがない為
食べモノの選択肢は広いですが、
乳製品や卵、市販のものにはほとんどと言っていいほど入っています。

今のうちに免疫をつけておけば(経口免疫療法)
後々はアレルギーを克服し、食べられるようになることが多いのだそうです。

今回息子は
アナフィラキシーショックは起こらず(これは本当に、良かった。ホッとした。)
トータル8.6mlと微量でしたが、、生まれて初めての牛乳を飲むことができました。
子供によっては、一口含んだけでも
激しい嘔吐や下痢、全身に蕁麻疹、ひどいときには呼吸困難などの症状が出るのだそうです。

たまたま同じ日に同じ部屋でチャレンジ入院をした
小学校高学年の娘さんのお母さんが気さくに話しかけてくれ

「ウチの子は今も卵、牛乳、小麦、大豆はもちろん魚もだめ、赤ちゃんの頃はお米も駄目でほんとうにおかしくなりそうだった~~~!!」と

わぁーホントに大変だったろうなぁ。。
お母さんがんばってきたんだなぁ。。としみじみ

すぐに克服する子もいれば、まだまだ時間のかかる子もいる。という現実
10年もの間、いつか食べられるようになる様に親子で頑張っている人たちがいるということ。

そして
母乳育児の話から
その娘さん(長女)の時は、ものすごく食べ物に気をつけていたのに、食物アレルギーがたくさんあり
次女のときは、諦めて全く食事制限することなく母乳で育て、一つもアレルギーがないのだそうです。

初対面の私に、腹を割って話してくれたことが嬉しかったし
知ることができて、本当に良かった。

いろんな逆境や試練、悲しみ、孤独、恐れの感情をいだくことも
マイナスじゃなく、思いやりとか共感に繋がって
自分がそれを乗り越えた時には、人を元気づけたり、導く力になる。

改めて、人と関わりその人が歩んできた道に耳を傾けたり
状況を知ったりすること、自分も同じようにシェアすることで
いろんな見方ができるようになるな。人間っていいな。と感じます。

長くなりそうなので、この辺で(笑)
c0112264_2154942.jpg


息子はというと・・・・

2時間経過観察中

湿疹とかゆみが治まり


ご機嫌。
c0112264_21544659.jpg

いないいなーい、ばぁー!して遊んだり
c0112264_2154649.jpg
足が挟まって出れないと怒ったり(やれやれ。)怒ったり、泣いたり、笑ったり、忙しいですな。

今後は自宅で免疫療法を続けながら、来月乳製品のチャレンジ入院二回目です!
大豆はアレルギーがあったものの、自宅で免疫療法を続け
毎日納豆・味噌汁は問題なく食べられるようになりました。


アレルギーっ子のママも一緒に頑張っていきましょう!

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました

オヤスミナサイ。
[PR]

by pearlyoga | 2013-08-01 22:17 | 息子のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎状況②

①からのつづき
(そういえば、途中でぷつりと終わっていました・・^^;)

生後4~5ヶ月の時に重度のアトピー性皮膚炎と言われた
現在一歳二ヶ月の息子の状況を記録として残しています。

また
以前の私と同じように
現在完全母乳育児で
子供の持つアレルギー食品を完全除去した生活を送っているママや
脂漏性湿疹と思っていたけど
どうも違うみたい・・・
もしかして、アトピーかも?!アトピーと診断された。など
きっと日本中にそんな方が沢山いると思うので
(不思議なことに、最近そういう方と知り合うことが急に増えて
いろいろと質問されることも多いので)
私の過去の体験が
誰かや何かの参考になればと思って書くことにしました。
(人それぞれ違うと思うので、全ての人に当てはまるパターンじゃないことを
 どうぞご理解下さいね。)

ほんの数ヶ月前を思い返せば
ほぼ毎日のように
朝、晩(顔や背中、お腹、節々)しっかりステロイドを塗らないといけないような状態でした。

私が一番苦痛だったのは
お風呂(シャワー)の時間。
服を脱がせた時点から、掻き始めるのですが
水やぬるま湯がかかり体が温まってくると
さらに痒ゆみが増して、泣き叫ぶ。
お風呂から上げた後は、
すぐに保湿しないといけないのですが
暴れて、炎症のあるところに塗れないし
洋服がなかなか着せられないため
毎日この時間が来るのがイヤだったな。
(痒がる息子があまりに可哀想で
 泣きながらお風呂に入れることもしょっちゅうでした。)

しかし今は多少掻きますが
前に比べると、天と地の差くらいあります。笑

最近は、自分からシャワーを頭からかぶりに行くことも。<゜)))彡
数珠をよく首にかけたがるので、滝に打たれる修行者のよう。笑
強くなったなぁーと思う。


『一歳前後で、肌の免疫力が高まり
症状が軽くなっていくケースが多い。』

医師からも聞いていましたが
10ヶ月、11ヶ月・・・と一向にステロイドをぬる回数も減らずでした。
しかし 
この数カ月(もうすぐ一歳3カ月)でほんとうに、不思議なほど
ステロイドを塗る箇所、回数がガクンと減ったのです。

一歳の誕生日の日に断乳をし
正直なところ、母乳の影響はゼロとは言えないと思います。
が!!
「母乳は関係ないよ。だから完全除去なんてしなくていい。」
と言ってくれた医師に心から感謝しています。
じぶんの子供ではないから言えるのだ。
と 疑心暗鬼になることも正直ありました。

でも
自分が完全除去した食生活を実際やってみて
はじめは頑張っていましたが(母親はじめ、いろんな友人にも支えてもらいました。)
心や体の方は
「あぁ~~もう、しんど。好きなものを自由に食べたい!!」って叫んでましたから
自分の本当の心を無視していると、やっぱりいろんな弊害が出てきます。

結局、食べ物を除去した時期も解除した時期も
息子のお肌は改善されなかったので


医師の言われるように
いつかその時期が来るまで、しっかりとステロイドを塗って
(中途半端に塗らないで)待つ。
これしかなかったんだな。と

血液検査の結果を見ても
この道のりを歩んできて、信じてやってきて
ほんとうに良かったな。と思います。

まだ克服?したわけではないのですが
食物アレルギーもちょっとづつ、ちょっとづつ。


息子もぐっすり寝ているので
わたしもヨガをして、寝るとします。

長文、読んで頂いてありがとうございました。
おやすみなさい。
[PR]

by pearlyoga | 2013-07-22 22:24 | 息子のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎状況①

30度超す日が続いていましたが、ここ数日は
朝晩、涼しい風が吹いて、とても過ごしやすいですね。

最近、行く先々で出会う人と
奇跡の一致 『シンクロニシティ 』が起こり・・・

互いに
「えぇーーー!そうなの~~!?偶然!すごい!」と目をまん丸にして
驚くパターンがこのところ急に増えたような気がします。^^

その話と繋がって
今の息子のアトピーの状況経過を書くことが
もしかすると、いろいろな人の役に立てるような気がして
書いています。

少し分かりにくい文章になるかも知れないけど
思いつくままに書いてみます。

【現在一歳二カ月】
まだ朝・晩薬も飲ませていますし
ステロイドも一週間に1~2回、
炎症が出てきたところに塗っています。(ちょん、ちょんって感じです。)

大豆・乳製品・卵のアレルギーはありますが
大豆に関しては、チャレンジ入院を経て
今は毎日納豆を食べさせています。(経口免疫療法)
今のところ何の症状も出ていません。
※乳製品・卵は今後チャレンジ入院を控えています。


数週間前に会った友人から
『なんか善くん、肌キレイになったね~~~!!』と言われ

(毎日見ているので、慣れてしまっていたけど)
そういえば
ここ2週間、ほとんどステロイドを塗っていないね!! 

先日、夫と話をしました。

昨年の夏、緊急入院をした際
アトピー症状が“重度”と言われ
現在もアトピー(食物アレルギー)専門の国立病院に月に一度通院しています。

その病院(医師)に出会うまでは
完全母乳で育てていたこともあり
『母乳を介して、私の摂取した食品が
息子の体内に入り、アトピー(肌の症状とかゆみ)を引き起こしている。』と思いこみ
(ある病院で、除去するようにと指導されていたこともあり)
卵・乳製品・大豆の入ったものを安全除去した生活を送っていました。


100%ではないが、ほとんど母乳が原因ではない。”
今ようやく振り返って、そう思います。

ほとんど”というのがポイントで
それを自分(母乳をやっている母親)がどう捉えるか?
だと思いますが、私の場合、少しずつ解除して卵・乳製品・大豆の入っているものを
普通に食べて行くようにしました。
(卵は、元々そのままで食べなくても生きていけるので、わざわざ食べることはしませんでしたが。)

母乳の影響が、もし10%あったとしても
母乳をやっている期間、卵・乳製品・大豆の入ったものを除去した食生活は
ただでさえ、大変な子育てなのに
市販のものはほとんど買えず、外食もできず、1日中“食べるもの”を手づくりしなくちゃならない。
自分の食べたいものが食べれないのは
私にとってすごく大きなストレスなので、
“自分のためにも”
“楽しく、子供と向き合う為にも”
母乳がすべての原因でないのなら食べよう。と徐々に量を増やしながら
食べて行きました。


長くなりそうなので

・・・・つづく
[PR]

by pearlyoga | 2013-07-17 22:56 | 息子のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎治療経過

先週は月に一度の善友のアレルギー治療の病院へ行ってきました。

今回は
前回の血液検査の結果が出るということで
ドキドキでした~(生後4ヶ月くらいから通院・検査入院を繰り返していますが、
目では見えない症状の改善状況が血液検査ではあらわれてくるので
希望が持てるんです♪)
アトピー性皮膚炎も食物アレルギーもまだ高い数値ではありますが
igEもTarc(アトピー性皮膚炎の症状の重症度を測定する血液検査)
も少しずつ下がってきていました。

これからはちょっと大変な季節
一日三回のシャワー浴(先月までは2回で良かったんですけど)
昨年と同様、怠るとすぐに全身が真っ赤になり、
痒くて、痒くて、善友も寝不足の日が続くので
(私たち親も、かきむしって、泣き喚く息子をずっと抱っこして
寝れないし、見ているのが辛いし・・でした~007.gif

昨年は初めての夏で、初めての体験ばかりでしたが
二回目の夏は
前例があるので、きっと乗り越えられそうな気がします001.gif

そして8月には乳製品(ミルク)のチャレンジ入院(負荷検査・・・実際食べさせ反応を見る。)が決定しました。
先月までは
ミルクと卵のチャレンジ入院さえ、危険性が高い為
まだまだ先になるような感じでしたが、、、
それだけでもすごく進歩です。

アナフィラキーショックも起こるかもしれないし。
また大豆の時のように、じんましん、発熱、嘔吐、を繰り返すかもしれない。
だけど
この道を通ることで、また先の対応が見えてくる。

心配と不安と勇気と希望を持って、家族で挑みたいと思います!
応援して下さい。。。 

ついでに
息子の血液型を調べてもらいました!

なんと、B型っ!!

やっぱりー!!笑

我が家の男性たちはB型かぁー(ちなみに、わたしはO型です。)

私の叫びを聞いて、主治医の先生がボソッと

『B型ってやっぱり嫌われるんですかねぇ~?』と。

先生もやっぱりB型でしたかー(笑)

私の周りには、なぜか魅力的なB型の人が多いです。c0112264_23311512.jpg

新しい三輪車に乗って
c0112264_23324582.jpg

とても嬉しそうだけど、このあとすぐ、降りたくてぎゃん泣き^^;


最後まで、お付き合い頂きありがとうございました

明日も良い一日になりますように。
[PR]

by pearlyoga | 2013-06-25 23:28 | 息子のアトピー性皮膚炎