<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ポーズ(アーサナ)とポーズのあいだの『間』


流派によっても、多少違いはありますが、ポーズとポーズのあいだにある『間』はとても大事です。
ヨガの一つ一つのアーサナ(ぽーず)には背骨のゆがみを矯正したり、からだの左右のバランスを整えたり、引き締めたり・・・それぞれに意味がありますが
次のアーサナへ移る時に、少しの『間』があります。



ずばり


このには・・・・・



集中力
観察力
精神統一するための能力といった、本来私たちの備えているものを向上させる効果があります。


まだヨガに慣れないうちは、この『間』がすごーく居心地の悪い感じかもしれません。。
ソワソワしたり、周りがきになったり・・・
ですが、長く続けてゆくと、この何もしないひと時が、自分の中の静けさや落ち着いている感覚を感じられるとても居心地のよいものに変わってきます。



そして



話は飛びますが・・・




最近の『お笑い芸人』


本当~に面白いですよね!!(笑)


私も好きで、よく見ています(^^)♪


話している内容ももちろん!面白いのですが、


きっと間の取り方やリズム感がとてもいいのだろうなぁ~~~と


ちょっと違う視点ですが(笑)感心してしまいます。


きっと、周りの人の気持ちがくみとれる〝やさしさ〟があるから


なせる業なのかな~?!と


ふと考えてしまいました(笑)


・・・・・!!


ヨガの話に戻りますね(^^;



みなさんもアーサナだけに捉われず、
ぜひ!ポーズとポーズのあいだにある『間』も楽しんでみてください。
なにか、変化や気づきがあるかもしれません・・・・☆



今日もみなさんにとって、素敵な一日になりますように。。。☆☆☆
いつも暑い中、教室に足を運んでいただいて、ありがとうございます
(^人^)・・・☆
[PR]

by pearlyoga | 2008-07-18 14:19 | にっき

【鏡の法則】

夏!!ですね。


この季節にやるヨガの練習は、他の季節に比べ
本当にビックリするくらいの量の汗をかくので
身体に溜まった毒素が出ていくのが、目に見えて分かるのもあり(笑)
終わったあとの爽快感が大好きです。
ヨガ後の一杯(←もちろん水)がとっても美味しく感じます♪


さて今日は、

最近読んだ本【鏡の法則】(野口嘉則 著)の中で心に残った言葉があったのでいくつかご紹介させてください。


『人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを気づかせるために起こります。そして、あなたに解決できない問題は決して起きません。
あなたに起きている問題は、あなたに解決する力があり、そしてその解決を通じて大切なことを学べるから起こるのです』



「ゆるせない!」と誰かを責めているとき、私たちはやすらぎを感じることができません。
身体には余計な力が入り、心は波立ちます。

ゆるすことで、私たちの体も心もゆるんで、リラックスできます。



ヨガの考え方の一つに
「受け入れること」というものがありますが、
頭では分かっていても出来ない事や難しい事が沢山あると思います。

ヨガの練習を地道に続けていく中で、
以前は無理だと思っていたこと、苦手な事が少しずつ出来るようになっていったり、
自分の中でのハードルが低くなっていく。。

心と体は本当に繋がっているなぁと日々感じます。

自分の状態も毎日同じではないからこそ、
できるだけ自分のベストの状態(体でも精神面でも)を保っていく為に「続けていくこと」が何より大切な事だと思います。

ポーズのバランスがよくなった。とか
体が以前よりも柔らかくなった。以前よりも集中してポーズをキープできるようになった。そういった目に見える効果が、目に見えない心の安定(コントロール)の上達をはかる目安にもなります。

ひとりひとりに心のバロメーターが目に見えてわかると便利なのになぁ~と時々思ったりもしますが・・・(笑)

あったらあったでちょっと怖いですね(^^;



話がそれました~!


野口嘉則さんの本は、
こころの深~いところに浸透していって、穏やかな気持ちにさせてくれるので
大好きです。


結構、有名な本なので、もうすでに読まれている方も多いと思いますが、、
オススメの一冊です。
まだの方は、ぜひぜひ手にとって読んでみてくださいね(^^)/♪
[PR]

by pearlyoga | 2008-07-14 12:33 | にっき