<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

浄化のなみだ

数日前、なぜか涙がボロボロでてきて「どうしたんだろう。。。」
というくらい涙を流した。
朝ヨガの練習を終えたあと、仕事の行き帰り(車の中・電車の中で)、湯船につかりながら、布団の中で。
朝から晩まで。力がふっと抜けている時に度々

最近は、ヨガの練習以外にも
少しの時間があれば、自然と瞑想をするようになりました。
きっとそれも関係しているのかな?と思います。

いつも外に向いている意識を休ませ、自分の内に心を向けていくと
日常でつい忘れそうになる【大切なこと】に立ち返らせてくれます。

【何か】があったわけではなく、いろいろなことに気づいたり、
その人の立場に立つと
感謝の念がむくむく~~と出てきて、胸が熱くなるんですよ。

そう、根っこにあるのは【感謝】です。

ヨガを始めたころは、アサナばかりに魅了され
どちらかというと瞑想することは苦手でしたけど(雑念だらけでじっと、座っていられない!笑)
今は、時間がない時などは瞑想の方を優先させます。その方が(私にとっては)一日を心地よく過ごせるんです。
(始めのうちは難しいかもしれませんが、繰り返し繰り返し続けていくと
『自分の中にある穏やかな場所』と繋がり、『本質の心』に気づくこと事は、あまり難しくなくなります。
まぁ日により様々ですが・・(笑)積み重ね、継続は大事なんですね。やっぱり。)



前置きが長くなりました。


なんで、涙が大量に流れたか?!

今思うと『あぁ~あれはきっと浄化だったんじゃないか』と思います。
涙で心のさびや埃を取ってくれたような気がします。

なぜなら…
今とっても、穏やかな気持ちですから。

泣きたい時には、涙が出てこなくなるまで、我慢せずに泣く。これってとてもいい浄化法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地震の前あたりから

『死について』よく考えます。(意識的に考えている。という訳ではなく、心を緩めていると、やっぱりそこを通る。)

人間はみんな必ずいつか死ぬ。ということ

自分の家族も、夫も、大切な人たちも、みんな。

当たり前ですけど、明日もこれからもずっといるように思ってしまいませんか?
(わたしは、意識しないとそう思いがち・・。)

地震があって、よりそこと向き合うきっかけになりました。

この当たり前の日常は、まったく当たり前ではないということ。

自分が存在するということ自体が、実は不思議で、有り難いことなんだ。と

今命を与えられているということは、「あなたには今、生きている意味があるんだよ。」と

愛情を受けているんだということ。

(もちろん、死ぬ人に意味がないのではなく、その人の死により周りの人は多くのことを教わります。
自分もその役目をする時が来る。)

祖父や祖母も突然、本当に短期間でこの世を去り
義父は朝いつもと同じように仕事に出かけ、その日が家族と最後の時でした。


本当に、いつが最後なのか私たちにはわからない。


だから普段から
死について考えること=人の命や生きることを考えること

のように思います。(・・・私はこういうことが好きなんです。小さいころから「いつ死ぬか分からない!」と何かあると口癖のように言っているような子供でしたから。何かそういう役目なのかもしれません。笑
みんなそれぞれに役目があって面白いです。)


『今日』というこの日に感謝して
自分の与えられた事を淡々とやり、喜びを持ってこの一日を過ごしたいと思います。



時間を作って、家族に会いに行こう!顔を見せに行こう!


いつもありがとうございます。
[PR]

by pearlyoga | 2011-04-26 23:04 | にっき

第一回マタニティヨガクラス終了しました

イオンモール千葉ニュータウンで第一回目のマタニティヨーガが開催されました。
ヨガクラスに足を運んで頂いた皆様、誠にありがとうございました。

妊娠5か月から(健康な状態であれば妊娠15週以上から可能)臨月の方まで
ヨガ初心者~体験者、様々な妊婦さんにご参加いただきました。
またこうして、マタニティヨガを伝える機会をいただけることに感謝!の気持ちです。
そして、レッスン後妊婦さんからの実際の声を聞いて、妊娠中のヨガの必要性を強く感じました!

第一回目のクラスは
妊娠中に行えるアーサナや出産に役立つ骨盤(また骨盤底)の使い方
妊娠初期~後期、産後まで役立つ呼吸法や瞑想(呼吸瞑想とイメージ瞑想)
陣痛と陣痛の間にリラックスする練習
リラクゼーション
そして最後にみんなで円になって、自由にシェアリング。


集まってシェアをしてくれた人の分だけ、一人一人の学びも深まります!
ただ話を聞いたり、聞いてもらったり…安全な場で、安心して繋がれるって
本当にエネルギーもらいます。

クリパルヨガの教えを生かし、これからもこういう時間を大切にしたいなぁと思いました。
(司会進行があまり得意な方ではないので、、積み重ねですなぁ^^;)


話は変わりますが

先日、千葉ではまた大きな地震がありましたね。
夜の近所でのクラスが終わった後だったので
『みんなが自宅に戻ってからで、良かった~~』と思いましたが

空の様子もなんだかいつもより淀んでいて
わたし自身夕方から身体が重たーく、突然気持ち悪くなり
1時間ほど身体を休めていました。

生理前ってこともあると思いますが…
3月11日も同様、大きな地震が起きる日は
頭の上あたりが〝もや~と曇った感じ〟になり身体も重たくなる。
(何か特殊な能力を持っているわけではないと思いますが…こういうことよくあります。
ヨガを続けていると自然に同調しやすくなるのか?とも思います。)

そして
こんな現状だからこそ、ヨガや瞑想を通じて
日々身体をひらいておいたり(エネルギーのつまりを取り除いたり)、心を落ち着けるツールを状況に合わせて使って活用したり
【自分の中に安らげる場所を作っておく】のはとても大切なことですね。

自分の内面の中心にはいつも静けさや安らぎがあるんですよね。
そこに意識を向ける時間をおろそかにして、気づいていないだけで。


目を閉じて、自分の中心を感じる時間

今のわたしたちに、とても必要です。


056.gif5月のマタニティヨーガクラス日程➔こちら (あと数名で締め切らせていただきます。)



ご縁に感謝して…
いつもありがとうございます。
[PR]

by pearlyoga | 2011-04-21 23:43 | にっき

立ち止まる時間

今年も満開の桜の花が心をなごませ、優しい気持ちにさせてくれました。
ありがとう。
家の前の大きな公園は、あっという間にグリーンに景色が変わり
青々とした姿で、エネルギーを与えてくれる。

時は一瞬一瞬移り変わり、毎日毎日変化し続けているんですね。

私たち人間の感情も状況も、変化し続けずっと同じ場所にいることはありませんし
どんなに離れたくない物でも人でも、必ず離れる時がやってくるんですよね。
(〝一部〟で見れば不幸に思えることも〝全体〟で見ればきっと幸せに繋がっていますもんね。)

自然に委ね、時がきたら手放し、今あるものに感謝してこの一日に
〝有り難い〟気持ちを持って過ごしていきたい。
c0112264_18394962.jpg


                 今日は、【心に響く】お勧めの本をご紹介します。

c0112264_18473287.jpg

                       3つの真実  野口嘉則著
  
この一カ月は
大地震が起きたこともあり、自分の内にエネルギーを向ける時間がたっぷりありました。

有名な本なので知っている方も多いと思いますが

本との出会いってやはりベストタイミングで出会うものだと思います。

いくらいい本でもその人にとって「今、この時!」じゃないと

頭だけの理解で終わってしまう。(昔買った本でも、気になってまた読み返すと「こういう意味だったのか~!!」と感動することありません?)


自分が生きていく上での中心軸や(一人ひとり違う)自分にとっての本当の幸せとは何か?


世の中の流れが速く、情報も沢山の時代。
多くの人が目で見えるものだけに価値を見い出し
苦しくなったり、(他人と比べ)生きづらさを感じたり…そんな今の日本だからこそ

その都度、立ち止っては

自分の中心を感じる時間がとても大切だと感じます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歩くという字は、「少し止まる」と書きます。休まず走り続けるのではなく、
 
ときに立ち止って振り返りながら進んでいくことが大切です。

この立ち止って振り返る時間が、自分と対話する時間であり

本当の意味で一人になる時間なのです。

自分と向き合い対話することは

私たちが精神的に成長し、内面を豊かにしていくうえで

とても大切な時間になります。
               野口 嘉則著 『心眼力』より抜粋
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[PR]

by pearlyoga | 2011-04-18 19:26 | にっき